南千里鍼灸整骨院公式ブログ

2018年1月17日

横腹ぽっこりにはこれ!

横腹ぽっこりにはこれ!

こんにちは!

 

 

昨週の強烈な寒さから一転、少し穏やかな気候になってまいりました。

 

正月太りを何とかしようにも、ああ寒いとウォーキングにも出かけられないので、

 

どうしたもんかと思っていましたが、今週の感じだと外に出るのも苦にはならないですね。

 

 

運動し始めるなら今! という今日この頃ですが、

 

あなたはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

我々は今日も元気に診療中です。

 

阪急千里線南千里駅直結、吹田市津雲台のショッピングセンター

 

『トナリエ南千里』二階の南千里鍼灸整骨院 川村です。

 

 

 

さて今日も、体型づくりの話です。

 

前々回の記事でも話題にしましたが、やっぱりこの時期はお正月太りが気になります。

 

 

体脂肪燃焼の為のランニング、ウォーキングなどはもちろん必要ですが、

 

ほとんどの方は、体重そのものを減らしたいというよりは

 

見た目を引き締めたい。というのが本当の目的ではないでしょうか?

 

 

 

体重だけ軽くても、見た目があんまり変わらなかったら体重計に乗ってるとき以外は

 

違いを感じることが出来ません。

 

 

 

やはりスタイルを良くするためにはある程度のトレーニングが必要なんですが、

 

目的に応じて鍛えるべき筋肉、種目は違います。

 

 

 

今回は表題のとおり、横腹のたるみ改善について書いていきたいと思います。

 

 

 

さて、横腹のたるみが気になって運動をしているあなた、腹筋をきたえてたるみ改善という事で、

 

image1

 

↑こればっかりしてないですか?

 

 

もちろんこのトレーニングが、横腹に聞かないわけではないのですが、

 

このトレーニングによって鍛えられるメインの筋肉は

 

Screen_Shot_01-17-2018_11.00.14

 

↑これです。いわゆるシックスパックを作る『腹直筋』ですね。

 

見ての通り、体の前面を覆う筋肉で横腹とは直接関係ありません

 

 

 

 

横腹の引き締め、腰のくびれを作っているのはこちら

 

Screen_Shot_01-17-2018_11.01.46Screen_Shot_01-17-2018_11.01.43

 

 

↑腹斜筋です。

 

 

いわゆる腹筋運動でもこの腹斜筋に効果がないわけではないのですが。

 

あくまでもメインは腹直筋であるため、先に腹直筋が疲れてしまうと、

 

腹斜筋にまで負荷がかからないことがあります。

 

 

お腹の前側よりも、横側が気になる。

 

くびれを作りたい方にオススメのトレーニングはこちらです。

 

 

image2

↑ダンベルやペットボトルをこのように持って頂いて

 

image3

 

↑ゆっくりと引き上げます。

 

 

サイドベント、というトレーニングでダイレクトに腹斜筋を鍛える効果があります。

 

 

見た目の地味さと やってる最中の「ほんまににこれでええんか」という

 

やってる感の無さ(個人的な感想です)であんまりしている人がいないメニューですが、

 

 

プロポーションづくりには非常に効果があります。

 

 

その時はあんまり効いてる感がないですが、次の日はしっかり筋肉痛が来たりしますので、やりすぎにはご用心です。

 

大体左右10回 3セットが目安でしょうか?

 

 

正月太りと現在進行中で戦っているあなた、ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

この部分の神経強化にはEMSもおすすめです。

 

温活EMSダイエットは当院にて絶賛稼働中です。

 

 

 

気になる方は当院までぜひお越しください。

(徒歩、電車)      http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=14

 

(お車)         http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=77

 

 

ご予約は↓の電話番号まで!

space
トップページへ