南千里鍼灸整骨院公式ブログ

2018年2月24日

何となくだるい、疲れが取れない時に伸ばしてほしい筋肉はここ

何となくだるい、疲れが取れない時に伸ばしてほしい筋肉はここ

こんにちは!

 

 

千里南公園では梅が咲き始めました。

 

徐々に春の足音が聞こえています。あなたはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

阪急千里線南千里駅直結、吹田市津雲台のショッピングセンター

 

トナリエ南千里二階の南千里鍼灸整骨院 川村です。

 

 

 

毎度季節の変わり目ごとに同じようなことを言っていて恐縮ですが、

 

気候が変わるこの時期は、新たな状況に体を対応させるため、

 

自律神経や内臓に疲労がたまりやすく、「なんとなくだるい」 「調子が出ない」

 

といったはっきりとしない不調が良く出ます。

 

 

 

本当はそういう時は無理をせず、ゆっくりしていただくのが一番なのですが、

 

三月の年度末は仕事はもちろん私生活でも変化が多く、

 

準備や対応などでそうも言ってられないのが現実的なところです。

 

 

 

そうこうしているうちにヘロヘロになってしまい、蓄積した疲労を取るのに

 

大変な時間がかかってしまったり、

 

ひどい時には何でもないようなことでぎっくり腰などの急性症状が起って動けなくなってしまったり・・・

 

 

そういった症状が、ぶっちゃけ4月から5月頃にめちゃくちゃ増えます。

 

 

 

 

その時になってから治す。というのも一つの手ではありますが、

 

そうなりそうな予感、予定があるのであれば前もって手を打っておくほうが、

 

 

健康に過ごすための手間自体が少なくて済みますし、

 

結果としては少ない時間で体調を回復させることが出来ます。

 

 

 

という事で、今日は「なんかだるいな」といううちに伸ばしておいていただきたい筋肉、

 

『広背筋』のストレッチをご紹介いたします。

Screen_Shot_02-23-2018_15.41.47

 

 

↑これです。

 

 

 

非常に大きな筋肉で、腰から腕にかけて、大きく体を覆っています。

 

強力な筋肉であるだけに、いざ固くなって動きが悪くなると、

 

その強いパワーで体の様々な動きを邪魔します。

 

 

例えば、

 

肩の動きが悪くなり、手が上に上がらなくなる。

 

いわゆる前屈運動を邪魔し、背骨に余計な負荷をかける。

 

体が左右に捻りにくくなる。

 

肋骨の動きを制限し、呼吸がしにくくなったり、神経痛のような症状がでる。

 

上半身全体の動きが制限され、膝や股関節に負荷がかかる。

 

 

などなど、枚挙にいとまがありません。

 

 

 

やり方は以下の通り!

 

 

IMG_0771  IMG_0773

 

この様に壁に手をついて、

 

IMG_0770IMG_0772

 

手の位置をそのままに、身体を沈めていきます。

 

このままのポジションで30秒ほどキープします。

 

 

 

普通に生活していると意外と伸ばしにくい部分なので、

 

やってみると結構気持ちいいですよ。

 

 

 

 

 

今回ご紹介するやり方はこの様な感じでやってますが、大きい筋肉だけに固くなる場所にもばらつきがあって、

 

効果の出る方法も人によって様々です。

 

上記のやり方で効かない方は、当院で施術者にご質問いただくか、インターネットなどで調べてみて下さい。

 

 

 

 

日々のちょっとした工夫が積み重なると体調にも変化が出てきます。

 

春先の体調の為に、ぜひ日常のエクササイズに取り入れてみて下さい。

 

 

 

のっぴきならないダルさでお困りの方や、早く良くしたい方は

 

当院の整骨治療で直接的な筋膜リリースを行う事も出来ます。

 

 

 

 

お問い合わせは当院までお越しいただくか、

 

(徒歩、電車)    http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=14

 

(お車)       http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=77

 

 

 

↓の電話番号まで!

space
トップページへ