南千里鍼灸整骨院公式ブログ

2018年5月10日

【再録】GW後にして欲しいストレッチ!

【再録】GW後にして欲しいストレッチ!

こんにちは!

 

 

ゴールデンウィーク中も通常通り営業しておりました
 

阪急千里線南千里駅直結、吹田市津雲台のショッピングセンター

 

「トナリエ南千里」二階の南千里鍼灸整骨院 川村です。

 

ゴールデンウィークお休みだった方
ゴールデンウィークお仕事だった方
 

ゴールデンウィークの期間も終わりましたね。

 

 

 

 

ニュースを見ているとUターンラッシュでどこも大渋滞だったようです。

 

せっかくお休みでゆっくりしても車や新幹線などの長時間の移動でまた疲れてしまった。という方も多いかと思います。

 

 

 

という事で今回は、長時間座ったままで疲れやすい筋肉と

 

そのストレッチ方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

さて、その筋肉ですが、ずばり

 

大腰筋です。

 

Screen_Shot_08-17-2017_11.49.31

 

↑これですね。

 

 

大腰筋は腰椎から股関節の内側についている筋肉で、

 

股関節を屈曲、外旋する作用を持っています。

 

そもそもが腰痛の原因になりやすい筋肉なのですが、

 

 

 

とくに渋滞中のドライバーの方は常に右足をブレーキパッドの上で持ち上げておかないといけないため、

 

常にこの大腰筋を使い続けている状態になっています。

 

 

 

 

 

 

運転後腰が痛くなって、腰周りをマッサージしたりしても症状が変わらない方は

 

結構な確率でこの筋肉が悪くなっています。(私の感覚の話で申し訳ないですが)

 

 

昨日一昨日、長時間座ったまま移動された方はこの筋肉をケアしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

簡単なストレッチもご紹介しておきます。

 

KIMG0193

 

↑こうして

 

 

KIMG0195

 

↑こう

 

 

後ろ足側の大腰筋が伸びますので、ドライバーの方は左前、右後ろで行うようにしてください。

 

股関節の前側を伸ばすようにイメージするのがコツです。

 

 

 

 

腿の骨と、腰の前側を離さないといけませんので

 

 

KIMG0196

 

 

↑これは悪い見本です、体幹が前に倒れてはいけません。

 

 

 

お盆の渋滞以外でも、普段から車の運転が多い方・新幹線移動の方にはおすすめです。

 

 

ストレッチしても伸びた感じがしない。

 

ストレッチをすると痛みが出る。

 

ストレッチをしてもましにならない方は、当院でパーソナルストレッチ・直接アプローチすることもできますので、

 

お困りの場合はお早めにご相談ください。(慢性化してから治すのは時間がかかります)

 

 

 

今回はこんなところでおしまいです。

 

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

space
トップページへ