南千里鍼灸整骨院公式ブログ

2019年1月29日

風邪・インフル対策の免疫力向上法!!~その②~

風邪・インフル対策の免疫力向上法!!~その②~

こんにちは!

 

阪急千里線南千里駅直結、吹田市津雲台のショッピングセンター

『トナリエ南千里』二階の南千里鍼灸整骨院 鍼灸師の岡崎です。

 

 

いやー、寒い日が続きますね!

 

暖かい日が訪れるまでまだ結構な日数があります。

 

 

そんな寒い中、インフルエンザが大流行しているようですが、

 

皆さまは無事に過ごせていますでしょうか?

 

もし、寒さにやられて風邪をひいたり

 

インフルエンザにかかっていたとしても、

 

今から免疫力を上げていくことで元気に冬を乗り切れますよ!

 

 

 

元気に冬を乗り切るために免疫力を上げるべく、

 

今回の内容は風邪・インフル対策の免疫向上法!!~その①~

 

の続きで、長さの都合上割愛せざるを得なかった

 

爪もみのお話を中心にしていこうと思います。

 

 

 

爪もみで刺激する爪の生え際というのは、

 

神経線維や毛細血管が集まっている場所で、

 

体の中でも特に刺激に対して感受性の高いポイントです。

 

ここを刺激することで病気になりやすい交感神経優位な状態から

 

免疫力が上がる副交感神経優位な状態とスムーズに変化しやすくなります。

 

 

交感神経と副交感神経はともに自律神経ですが、

 

何故この2つが免疫に関係あるのかは

 

また別の機会にお伝えします(笑)

 

 

 

さてさて、では本題の爪もみをやっていきましょう!

 

押さえるところは爪の根本で、真横ではないですよ!

 

tumemomi1-thumbnail2

 

↑こんな感じで根本の方を押します。

爪「もみ」ですが、「押し」と表現させていただきます。

 

 

各指10~20秒ほど押してください。

 

軽く押しただけでも体の状態によっては

 

痛く感じることがあります。

 

その時は痛気持ちいくらいを目標にしてください。

 

 

それぞれの指に個別の効果もあるので、

 

気になる症状があるときは下記を参考にして

 

少し長めに押してみて下さい。

 

 

 

 

親指 … アトピー、咳、喘息、リウマチ、口が乾くなど

(肺やのど、鼻などの呼吸器や皮膚に関係するもの)

 

 

人差し指 … 胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病など

(歯や食道、腸などの消化器官や、肩の痛み)

 

 

中指 … 耳鳴り、難聴など

(心臓や冠動脈などの循環器に関係するもの)

 

 

薬指 … 軽度うつ、低血糖、だるさなど

※この指だけは交感神経に作用するので、単体で押さないこと!

(ホルモンに関係しますが頻繁に押さなくてもいいです

 

 

小指 … 肩こり、高血圧、糖尿病、頭痛、腰痛、頻尿、更年期障害、自律神経失調、脳梗塞、目の病気など

(小指内側は血液循環や目、小指外側は小腸の栄養吸収)

 

 

 

足の爪にも対応しているので、

 

下半身にも気になる症状がある方は

 

手足の両方をやってみて下さい。(薬指は注意!)

 

 

爪のきわに傷などがある場合は無理に押さないでくださいね。

 

全部の指の爪もみをしても2分で終わります。

 

(足の爪を入れても5分で終わります。)

 

簡単なのでぜひ毎日やってみて下さいね!

 

 

 

 

最後に、風邪をひいたりするのは昨日今日で

 

起きることではありません。

 

今までの身体の疲れや不調を基盤として、

 

たまたま今、ウイルスに対しての抵抗力が弱まっていた

 

という状態に過ぎません。

 

 

爪もみは少しやったからといって

 

すぐに効果が出てくるものではありませんが、

 

こまめにやることで体も変化します。

 

まだまだインフルエンザなども流行ることでしょう。

 

 

調子悪いと感じたら爪もみ、

 

調子よくても爪もみ、

 

いつでもどこでも爪もみをよろしくお願いします!

 

 

どうにもならない時は、ぜひ当院の鍼灸治療を受けに来てください!

 

space
トップページへ