南千里鍼灸整骨院公式ブログ

2019年1月15日

風邪・インフル対策の免疫力向上法!!~その①~

風邪・インフル対策の免疫力向上法!!~その①~

こんにちは!

 

阪急千里線南千里駅直結、吹田市津雲台のショッピングセンター

『トナリエ南千里』二階の南千里鍼灸整骨院 鍼灸師の岡崎です。

 

 

 

昨年暮れから今年にかけて、風邪がかなり流行っています。

 

中には早くもインフルエンザにかかり、

 

ダウンしてしまった方もおられるかと思います。

 

 

今年は例年に比べて気温の上下が激しく、

 

温度の変化に体がついて行けない事が多いようです。

 

 

そこで、今日は病気と戦う力、

 

「免疫力」を高める方法の一部をお伝えします!

 

 

 

その① よく笑う

 

皆さん日頃から笑っていますか?

 

 

街中を歩いていると険しい顔をして歩いている方や、

 

無表情で画面を見ている方が多いような気がします。

 

心から笑う出来事はそんなにないかもしれません。

 

 

そんな時には、鏡の前で無理にでも笑顔を作ってみる。

 

そうすると脳は、今自分は楽しいのだと錯覚します。

 

 

笑ったり楽しいことがあると副交感神経優位になり、

 

白血球の中のリンパ球が増えて免疫力が高まります。

 

 

 

その② しっかり寝る

 

以前に睡眠についての記事も書きましたが、

 

現代人は圧倒的に睡眠不足です。

 

睡眠時間だけでなく、睡眠の質の低下が顕著です。

 

 

夜遅くまで画面を見たり、運動不足等が相まって、

 

体より脳の方が疲れるようになりました。

 

その結果、常に脳が興奮した状態になっています。

 

そうなると、交感神経優位になってなかなか寝付けなくなります。

 

 

交感神経優位になると白血球の中の顆粒球が増え、

 

血行が悪くなり免疫力の低下につながります。

 

 

ここで注意して頂きたいことは、顆粒球が増えることは

 

体にとって必ず害になるわけではないという事です。

 

あくまでバランスが大事という事です。

 

近いうちにリンパ球と顆粒球についての

 

記事も書くとしましょう(笑)

 

 

話を戻すと、睡眠不足は免疫力低下につながります。

 

不眠や脳疲労改善は鍼灸治療が強いので是非治療を!

 

 

 

その③ 体を動かす

 

よく、体を動かしましょうとお伝えすると、

 

激しい運動をしたりしないといけないのかと

 

想像される方がいますが、

 

何も大層な運動をする必要はありません。

 

 

パソコン業務をしている方なら、手が止まった時に

 

肩や手首、足を少し動かす程度で構いません。

 

全く動きが無く、同じ姿勢を続けているだけだと、

 

血行不良が起き、体が冷えやすくなります。

 

 

同時に、肩こりや頭痛、足のむくみなども起きやすくなります。

 

当院で行っている、耳のマッサージなども良いですね。

 

少し時間が取れる方なら、1日30分程度でも

 

ウォーキングしたりするのもおすすめです。

 

 

 

その④ 爪もみをする

 

今回一番お伝えしたいのはコレなんですよ!

 

 

…ですが、詳しい説明をすると長くなるので、

 

爪もみについては次回の内容とさせていただきます。(;^ω^)

 

 

 

まだまだ免疫力を高めるために必要なことはありますが、

 

あれこれ手を伸ばしても続きません。

 

まずは何か一つ簡単なことから始めてみましょう!

 

 

 

 

免疫向上の鍼灸治療に関するご用命は、

 

直接ご来院頂くか、お電話でも承っております。

 

 

 

 

(徒歩、電車)   http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=14

 

 

 

 

(お車)      http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=77

 

 

 

 

ご予約は↓の電話番号まで!

space
トップページへ