南千里鍼灸整骨院公式ブログ

2017年9月29日

ダイエットと姿勢について

ダイエットと姿勢について

こんにちは!

 

 

今日は秋らしい天気で、いよいよスポーツの秋、食欲の秋が始まったな。という感じです。

 

千里南公園に散歩に行っても、ランニングそしている人が増えてきているように思います。

 

あなたはなにか始められましたでしょうか?

 

 

 

今日も元気に診療中です。

 

阪急千里線南千里駅直結、吹田市津雲台のショッピングセンター

 

「トナリエ南千里」二階の南千里鍼灸整骨院 川村です。

 

 

 

さて、前回はかいつまんで言うと

 

運動したらちゃんと栄養取らないと筋肉がやせちゃうよ。

 

という話でした。

 

今日はその補足を書いていきたいと思います。

 

 

 

さて、前回のようなことを聞いた時、筋肉が痩せてでも体重が落ちるなら、ほそくなるならそれでいい。

 

細くなるのなら、その後リバウンドしないように食事制限を続けたらいいのでは?

 

と、思う方がいらっしゃるかもしれません。

 

オススメはしませんが、いらっしゃるかもしれません。

 

体重が減る、というのは数字で出ますので、短期的に結果を出したくなるのは人情です。

 

 

 

ただ、ここにも実は問題があります。

 

 

というのは、身体が極度の飢餓状態になったとき、

 

全身くまなく均等に筋肉が痩せるならいいのですが、(よかないですが)

 

筋肉は、飢餓状態になったときや、運動不足が続いた時などに

 

伸筋(体を伸ばす筋肉)の方が屈筋(体を丸める筋肉)より先に萎縮していく。

 

という特性を持っています。

 

 

Screen_Shot_09-29-2017_16.33.58

↑ここ(背中を伸ばす筋肉)とか

 

 

Screen_Shot_09-29-2017_16.36.15

↑ここ(肘を伸ばす筋肉)とか

 

 

Screen_Shot_09-29-2017_16.37.12

↑ここ(膝を伸ばす筋肉)が逆の働きをする筋肉に比べて先に弱くなっていきます。

 

 

全部弱るとどうなるかというと、

 

 

KIMG0024

↑この姿勢が保持できず、

 

 

KIMG0025

 

↑このような姿勢になります。

 

 

ディフォルメしてやりましたので、すぐにこんな極端な姿勢にはなりませんが、

 

この様な傾向にはなってきます。

 

 

要するに、飢餓状態から作られる体重減少は、悪い姿勢を招きやすいという事です。

 

健康のため(もしくは美しくなるため)にダイエットしているのに、

 

本末転倒になることもあります

 

くどいようですが、目的を果たすためにはプロセスが大変重要です。

 

食事制限をする場合は、筋力が落ちないように、くれぐれもご注意ください。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

 

じゃあどうしたら良いのか?という疑問はあると思います。

 

 

食事制限しつつ、筋力を極力落とさないようにするには、

 

有酸素運動ではなく筋力トレーニングを取り入れるのがおすすめです。

 

色々調べて頂いてももちろん結構ですが、当院でもトレーニングのお手伝いは出来ます。

 

 

自分に合ったトレーニングの方法が分からない方は当院までお越しいただくか、

 

(徒歩、電車) http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=14

 

(お車)    http://senri-shinkyu.com/minamisenri/?p=77

 

 

↓の電話番号まで!

space
トップページへ