新千里鍼灸整骨院公式ブログ

2017年5月15日

やけどしたら早急な手当てが必要でしょう?

やけどしたら早急な手当てが必要でしょう?

 

当院のブログでよく見かけるであろうワードが

「早めに治療!」です。

 

なぜ早めか?どう早めなのか?

疑問に思いませんでしたか?

 

そこで良い例え話を思いついたので、ここに書いてみます。

 

料理をしていて、油が腕にはねてしまった時

みなさんはどうしますか?

 

おそらく、

多くの人がすぐに水などで冷やすと選択されると思います。

 

それはなぜか?

痕が残るのが嫌だから。

やけどが長引くのが嫌だから。

 

処置が早めであればあるほど、痕も残りにくいし、すぐ治りますよね。

 

腰痛や肩こり、首の痛みなど、身体の諸症状もそれと同じなのです!

ただ、やけどのように、自分の目では分かりにくいだけ。

 

早めの治療をしていたらすぐに治るような症状も

「もう少し大丈夫。」「多分2、3日したら治るだろう」と

身体にむちを打つわけです。

なぜなら、やけどのようには自分の目で見えないから。

 

傷に塩を塗りたくって、

限界の状態で来院される方も多くいます。

 

当院の施術者は、筋肉、関節、骨格における専門家ですので

傷に塩を塗りたくっていたとしても

治療をすることは可能です。

「寧ろ、そういう方の症状を治すのが得意です!!」

 

でも、患者様のお身体のことを考えるなら

「早めの治療」をおすすめします!

気になる症状がございましたら、「早めに」当院にご相談ください!

 

最大限に先延ばししちゃう方http://senri-shinkyu.com/shinsenri/?p=621

 

 

 

場所は千里中央駅12番出口を出てすぐ。

豊中市新千里東町1-3-146-1 せんちゅうパル北側1階

☎066170-2662

space
トップページへ