鍼灸整骨院セラピ公式ブログ

2019年9月16日

首の痛みや痺れで困っていませんか?

首の痛みや痺れで困っていませんか?

北大阪急行 千里中央駅直結、せんちゅうパル1階の鍼灸整骨院セラピです!!

 

 

 

 

 

首の症状は寝違い、むち打ち、ヘルニアなどで痛みや痺れが現れていて、

 

困っている人がたくさんいると思いますが、これらの症状を放置していると

 

頸椎症という状態に発展してしまいます。

 

 

頸椎症とは、加齢によって椎間板などに変性が生じて、頸椎の中を通っている神経を

 

圧迫するとこでさまざまな症状が引き起こされる状態です。

 

 

頸椎症は、障害を受ける部位によって頸髄症神経根症の2つに分けられます。

 

どちらも50歳以上の男性に多く、男性は女性の約2倍とされています。

 

 

様々な神経症状が引き起こされますが、軽度なものから日常生活が

 

困難なほどのしびれや痛みが現れるものもあります。

 

また、必ずしも症状の程度と画像上での頚椎の変性の程度が一致しないのも大きな特徴です。

 

 

 

頚椎症は、中高年以降の方には一般的な病気ですが、中には他の神経疾患が

 

隠されていることもあるため注意が必要です。

 

原因としては、椎間板はコラーゲンが豊富で弾力性のある組織ですが、

 

10代後半から水分が失われ、徐々に変性していきます。

 

その結果、椎間板が徐々に潰れたり、膨隆したりします。

 

椎間板が付着している頚椎の縁も一緒に押し広げられて縁の尖った骨棘(こつきょく)が形成されます。

 

また、脊柱管を支える靭帯は加齢によって厚くなり、脊柱管全体が狭くなります。

 

このような頚椎の変性によって脊髄が圧迫されるものを頚椎症性脊髄症、

 

神経根が圧迫されるものを頚椎症性神経根症と呼びます。

 

 

 

頚椎症の症状は、圧迫される神経の場所によって異なります。

 

脊髄が圧迫される場合には、圧迫点より下位にある神経の傷害が起きるので、

 

首から下肢の広範囲に症状が引き起こされます。

 

また、基本的に症状は左右両方に起こり、主な症状は、しびれや痛み

 

脱力感などですが、重症な場合には歩行困難や膀胱直腸障害などを生じることがあります。

 

 

 

一方、神経根が障害される場合には、首と肩のコリや痛みの他に、

 

その神経根が支配する部位にのみ症状が起こります。

 

腕や指先のしびれ、痛み、脱力感などが出現し、重症な場合には、

 

麻痺がみられることもあります。

 

 

また、通常は脊髄から左右に分岐する神経根の内、片側のみが障害されるため、

 

症状も片側のみに現れます。

 

 

頸椎症を見分けるために、先ず、一番大事なのは、MRIやレントゲンといった

 

画像検査が早く見つけやすいです。

 

頸椎症の度合いにより手術が必要な場合もありますが、軽度な場合や

 

頸椎の変形が起きていない場合であれば当院でも施術させて頂いております。

 

もし、首の痛みや痺れで現在お困りであれば近くの病院に行って、

 

画像診断を受けることをお勧めします。

 

当院でも、常時ご相談は承っておりますのでお気軽にお聞きください。

space
トップページへ